初めて当ブログを訪れてくれた方へ
訪問ありがとうございます。
当ブログはシングルファザーになってしまった僕「えっちゃん」による、発達障害からの知的障害を持つ息子との育児奮闘記です。
<管理人のプロフィール>
<各記事のカテゴリーとタグについてはコチラ>
<1週間の人気記事ランキング>

放課後等デイサービス見学での珍会話

育児日記就学, 珍会話, 発達障害

どうも、えっちゃんです。

来年度から息子は特別支援学校へ就学する予定です。
就学にあたり、放課後等デイサービスの利用をしようと予定をしていて、今いろいろな施設を見学してまわっています。

いろいろな施設と言っても田舎なので、かなり限られるんですけどね。ネットにも情報無いし。
今通っている療育施設から紹介された施設をとりあえず見学するといった感じです。

見学をしている時に、息子がぐずっていたんです。
「初めての場所」が苦手な上に大きいお友達(放課後等デイサービスは高校卒業まで利用できます)がいたりするので、「怖い」「嫌だ」「帰りたい」ってなっちゃいました。

そしたらある子が近づいてきて息子に話しかけます。

「嫌だ嫌だって言ってるんじゃないよ。強くなるんでしょ?」
「怖いって言ってんじゃないよ。守ってあげるって言ったでしょ?」

おお…
(実際これを言われて息子は更にビビってしまったわけですが…)

息子の1歳上、つまり今の1年生らしいです。
1年生にしちゃしっかりしてる。いい家族にいい教育を受けてるんやなーって思ったら。

施設の人「○○君、いつも嫌っていってるのにね、先輩風を吹かせてるなー」
とのこと。

1歳上ってことは、もしかしたら支援学校では同じクラスになるかもしれないらしいです。頼もしい先輩や。




おわりに

今日の「珍会話」タグの発信源は息子ではなく、放課後デイにいた「先輩」によるものでした。

発達障害って色々な症状があるので、息子と比べたらすごくしっかりしているような子も施設にいたりします。
いつもの園に息子の迎えに行ったときも、3歳くらいの子から「あ、※※(息子)君のお父さん、こんにちは。はい、※※君のカバンです。どうぞ。」と言って息子のカバンを取ってくれました。
あまりにも丁寧なので、「息子がお世話になっております。」なんてご挨拶をしそうになりました。
特別息子と仲がいいわけでなく、他のお母さんとかお婆ちゃんとかもしっかり覚えていて同じようなことをしているみたいです。

得意なこと苦手なことがそれぞれあって、その子によって症状や困り事が全然違う発達障害。
仕事を変えて毎日息子の迎えに行くようになり、色んな子を見たりして、本当に色んな子がいるなーと感じています。

放課後等デイサービスについて、近々記事にまとめたいと思っています。
この地域はネットで情報が無さすぎる。
このブログを情報の発信源として助かる人が一人でもいるならば、ここから情報発信をしていけたらなと思っています。

カテゴリとタグ一覧はコチラ
1週間の人気記事ランキング
【当ブログは下記ランキングサイトへ登録しています。リンク先へ飛ぶことで投票され、また当ブログと同等ジャンルの他ブロガーさんのブログを見ることができます】

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク