初めて当ブログを訪れてくれた方へ
訪問ありがとうございます。
当ブログはシングルファザーになってしまった僕「えっちゃん」による、発達障害からの知的障害を持つ息子との育児奮闘記です。
<管理人のプロフィール>
<各記事のカテゴリーとタグについてはコチラ>
<1週間の人気記事ランキング>

これが…恋??

2017-12-08育児日記珍会話, 発達障害

どうも、えっちゃんです。

意味深なタイトルですが、僕の話ではなく息子6歳の話。

息子は療育として園に週5で通園しているのですが、そこは通常の保育園や幼稚園と違ってクラス制ではないんです。
4つの部屋に分かれていて、登園した時にどの部屋に行って、担当の先生は誰かがわかるんです。

一般の保育園や幼稚園と併用をしている子もいるので、その日によって利用者が増減するからだと思います。

で、登園した時に、ホワイトボードを確認します。
僕「今日は、〇〇の部屋で、先生は◆◆さんと、□□さんと、△△さんt…」
息子「えっ△△さん?」 ダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

恐るべき反応速度。
あ、ちなみにこの園では先生のことをさん付けで呼びます。

以前からも、園から帰る時に他の先生達には手を振るだけで挨拶をしない息子が、その先生を見かけた瞬間に
「△△さーーーん!」 ダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

もうね、わかりやすいw

これはもう「推しメン」の域を超えている…

個人面談をしたときにその先生に言われました。
「後ろからギュッてされて、『△△さん、好きだよ』って耳元で言ってくれるんですよー。」

6歳児、チャラいな( ゚д゚)

静岡で通っていた療育の園でも、
「『先生、髪切った?』って真っ先に気づいてくれてー。」と言われたことも。

この積極性…
僕より先に彼女ができるんじゃないかな(´・ω・`)

カテゴリとタグ一覧はコチラ
1週間の人気記事ランキング
【当ブログは下記ランキングサイトへ登録しています。リンク先へ飛ぶことで投票され、また当ブログと同等ジャンルの他ブロガーさんのブログを見ることができます】

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク