初めて当ブログを訪れてくれた方へ
訪問ありがとうございます。
当ブログはシングルファザーになってしまった僕「えっちゃん」による、発達障害からの知的障害を持つ息子との育児奮闘記です。
<管理人のプロフィール>
<各記事のカテゴリーとタグについてはコチラ>
<1週間の人気記事ランキング>

あまり雪の降らない地域での、オールシーズンタイヤという選択

自動車DIY, レビュー, 節約

どうも、えっちゃんです。

先日車のタイヤを交換しました。
ちょっと今までと違うアプローチでのタイヤ選択をしたので、せっかくなので紹介をしたいと思います。

購入に至った状況

タイヤの溝がかなり減っていたまま放置していたんです。
タイヤ溝は法律(道路運送車両法だったと思います10年ほど前の記憶ですが)で1.6mm以上確保する必要があります。

確認方法としては写真の三角マークの先にあるスリップマークが露出する、つまり段差が無くなったらアウトということ。
そうなんです。
アウト状態だったんです。

しかし今の季節は冬。この地域は数年に一度しか雪が降ることはないですが、近々愛知県まで出掛ける予定がある。
神奈川静岡あたりの山で雪降りそうやなーなんて思うとスタッドレスタイヤが欲しくなります。

今スタッドレスタイヤを買っても、春にはまたタイヤを買わなくてはいけないとなると、正直お財布にかなり厳しいです。
厳しいというよりも買えません。

じゃあさ、一回の交換で、冬も夏も走れたらいいんじゃね?

ってことで選択したのが

オールシーズンタイヤです。
FALKENのオールシーズンタイヤ、「ユーロウィンターHS449」を試してみました。

参考にメーカーサイトの商品リンクです。

夏用でも、冬用でもない新しいタイプのタイヤです。
(新しい、と言っても結構前からあるらしく、海外ではメーカー標準として新車から履いていたりもするらしいです)

タイヤとホイールセットでネットで購入

今回はこのお店で購入しました。

このスタッドレス需要で忙しいであろう中、注文から1週間で家まで届きました。
ホイールにタイヤの装着、空気の充填、バランス取りまでしっかりやってくれた状態で届きます。

つまり購入者がやるのはジャッキアップしてホイールごと付け替えるだけ!
これなら誰だってできちゃいますね。

ホイールのデザインはいっぱいある中から好みのものを選択できます。
また追加料金によるオプションも豊富です。
ホイールナットを色つきにしたり、ロックナットにしたり、センターキャップの色を変えられたり。
あとは窒素ガス充填にすることもできます。

取り付け

車載工具のジャッキと、昔買ったクロスレンチで一本ずつ交換します。
フロアジャッキを昔買った気がするんですが、物置の中から発掘することができませんでした。

じゃじゃーん。
ビフォー

アフター

この『M+S』のマークがオールシーズンタイヤ(4シーズンタイヤとも言う)の証です。

高速道路のスタッドレスタイヤ規制の時も走ることができます。

おわりに

息子が保育園に行っている間に交換して、迎えに行ったらすぐ気付いてくれました。
「タイヤ変えた?」からの
「金に青かよwww」
と人のセンスをバカにする6歳児。
ケンカ売りやがって。
センターキャップを変えるのは追加料金だったんだい。

走行性能については、もうちょっと走って色々と感じてからレビューしたいと思います。

ちなみに軽自動車によくあるサイズだとこんなお値段です。

タイヤを交換しなきゃな~
スタッドレスどうしよっかな~
という人、ご検討ください。

カテゴリとタグ一覧はコチラ
1週間の人気記事ランキング
【当ブログは下記ランキングサイトへ登録しています。リンク先へ飛ぶことで投票され、また当ブログと同等ジャンルの他ブロガーさんのブログを見ることができます】

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク