初めて当ブログを訪れてくれた方へ
訪問ありがとうございます。
当ブログはシングルファザーになってしまった僕「えっちゃん」による、発達障害からの知的障害を持つ息子との育児奮闘記です。
<管理人のプロフィール>
<各記事のカテゴリーとタグについてはコチラ>
<1週間の人気記事ランキング>

障害児を持つシングルファザーの恋愛事情。

育児日記悩み, 持論, 発達障害

どうも、えっちゃんです。

こんな話題ですが、別に何かあったわけじゃないですよ。
ただ、これから冬のイベントが多数ある中で、「恋愛」のようなテーマを真面目に書くならこの時期かなと。

ここに書くのは、あくまでも僕の考えです。

これから恋愛をしたいと思うか?

そりゃしたいですわ。でも現実問題は、「絶対にできない」とすら思っています。
「お金」があればまだ可能性はあるかと思いますが、フルタイムで働けない今の収入はサラリーマンの頃の6分の1程度。
わざわざこのスペックの人間と付き合う人がいるとは思えない。

僕は30歳。同年代の女性との付き合いともなれば「結婚」というものがイコールで意識するものになると思います。
「結婚」を意識するとしたら息子の存在は切り離せません。

正直、楽ではないですよ。発達障害は障害ですから。知的障害もあるし。

だから、どんなに自分にとってドストライクな女性と出会ったとしても、自分からアプローチをすることは無いでしょうね。
むしろ、相手が素晴らしい女性であればあるほど、「僕によって苦労をさせてはいけないな」という意識になると思います。

シングルファザーになったことは後悔をしているか?

今の生活は苦しいです。でも、後悔そのものはしていません。
離婚という結末にはなりましたが、前のパートナーと結婚をしたことについても後悔はしていません。
「過去の自分」の蓄積で「今の自分」がある。今の自分は今の自分でしかないし変えられないものなので、過去のことに関しては後悔することとかは無いですね。
今、息子との時間を全力で楽しんでいます。

「出会い」について

異性と知り合うことについては、バリバリの理系業界にいた頃からしたら格段に多いですよ。
園で保育士さんとか、ママさんとか。あとは市でやってる育児のイベントとか。
でも、独身かどうかなんて見てもわからないですもんね。指輪しない人とかもいるし。

結婚相談所とか街コンとかは?

お金が…
離婚をする時に少し調べたりしたのですが、子持ち限定の街コンとかも都会の方ではあるみたいですね。
田舎なんでこっちにそんなん無いですが。

子供が独立したら?

独立というものが想像できない。今はパパにおんぶに抱っこ状態(比喩の話ではなく、パパがいると物理的におんぶ抱っこメインで生活をしている)なので、全くわからないですね。
年齢だけで考えれば、息子が22歳の時に僕46歳。
イケる…のか?
比較的早いうちの結婚でしたからね。そういう意味ではチャンスあるかなとは思っています。

おわりに

インタビュー形式というか、アンケート形式というか、そんな感じで今の思いをずらずらっと書き綴ってみました。
余計な期待はせずに明るく楽しく生きていこうと思いますw
所属している卓球チーム内でも、バツイチキャラとして定着してきました。
離婚直後とかは、「息子に新しい母親を」みたいに焦ったりしたもんですが、できないもんはできないし、焦ったところでしゃーないですから。
よく「いい人見つけなよ」とか「えっちゃんは幸せにならなきゃ」とか言ってくれる人がいます。
相手のあることですから、そう簡単なもんじゃないんだよな~ってのが本音ですね。

カテゴリとタグ一覧はコチラ
1週間の人気記事ランキング
【当ブログは下記ランキングサイトへ登録しています。リンク先へ飛ぶことで投票され、また当ブログと同等ジャンルの他ブロガーさんのブログを見ることができます】

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク