初めて当ブログを訪れてくれた方へ
訪問ありがとうございます。
当ブログはシングルファザーになってしまった僕「えっちゃん」による、発達障害からの知的障害を持つ息子との育児奮闘記です。
<管理人のプロフィール>
<各記事のカテゴリーとタグについてはコチラ>
<1週間の人気記事ランキング>

療育手帳を取得しよう(4) 通らなかったら?

療育手帳関連悩み, 発達障害

どうも、えっちゃんです。

療育手帳を取得するにあたって、僕は不安がありました。

特別支援学校に入学するために療育手帳が【必要】であるという説明は受けていたのですが、
当初僕は療育手帳について知識がなく、現在所持している療育受給者証とそんなに変わらんもんだと思っていました。

でも色々とネット等で調べてみると…
・県によって判断基準が違う
・審査に通らないこともある
・知的障害についての検査で、厳密には発達障害のためのものではない

等のワードが頻出しています。
手帳の審査に通らなくて苦労している方のブログ記事も目にしました。

最近は知能指数(IQ)でのみ判断されるのではなく、生活の中での『困り具合』も考慮されるという記載には救われましたが、結局は判断基準は県や都市によって変わってくるとのこと。

不安に思うだけしゃーないですが、やっぱり不安ではあります。




で、先日教育委員会の方から電話がかかってきた時に聞いてみたんです。
審査結果、手帳が交付されなかったらどうなるのか。

教育委員会の会議上では、息子は特別支援学校での就学が必要という認定はしてくれているようですが、必要帳票とされている療育手帳が発行されないとなると、白紙になってしまうとのこと。

小学校の支援学級をまた検討し直さなければならないということです。
それが嫌というわけではありませんが、色々悩んで決めた結果が、結局は選択肢なかったのかよって感じは嫌ですね。

市の療育相談会「こあらくらぶ」で特別支援学校の先生と息子の信頼関係を少しずつ作ってきたのにってこともありますが。

今月末の児童相談所との手帳審査の面談で予定が大きく変わってしまう可能性があるということです。

不安だなー(´・ω・`)

カテゴリとタグ一覧はコチラ
1週間の人気記事ランキング
【当ブログは下記ランキングサイトへ登録しています。リンク先へ飛ぶことで投票され、また当ブログと同等ジャンルの他ブロガーさんのブログを見ることができます】

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク